SurveyMonkey

回答を個別に表示するには

  1. 対象アンケートの[集計結果の分析]ページを開きます。
  2. ページの上部にある[個別回答]タブをクリックします。
  3. 右上の[テーブル]ビューと[個別回答]ビューを切り替えます。

テーブルビューでは、すべての回答が表形式で表示されます。テーブルを横にスクロールして、各質問とカスタム変数を表示します。テーブルに質問タイプを表示できない場合、列はグレー表示されます。

個々の回答の詳細を表示するには、その行の最後にある矢印を選択します。

テーブルの行の右端にある矢印。この矢印を選択すると、回答の詳細が表示されます。

ヒント!テーブル内のデータを並べ替えるには、並べ替えの基準とする列のヘッダーをクリックします。

列をドラッグ&ドロップして、テーブルを再配置します。ページを離れると、デフォルトの順序に戻ります。

各回答のテーブルには、回答者に関する以下のメタデータが掲載されます。

メタデータ説明
ステータス回答のステータスが「完了」、「一部回答済み」、「対象外」、「定員数の超過」のいずれかです。
品質回答の質:良いまたは悪い。
問題回答にフラグが付いた問題。回答が「悪い」とマークされている場合は、問題が表示されます。
開始時刻回答者がアンケートリンクをクリックしてアンケートにアクセスした日時です。回答の閲覧やエクスポートしたデータの閲覧の際には、表示される時刻は、お使いのコンピュータのタイムゾーンによって異なります。
作業時間「開始日時」から「最終変更日時」までの時間です。

個別ビューでは、各アンケート回答者の回答が1つずつ表示されます。左右の矢印で他の回答に移動します。このページの最終項では、他の移動方法やキーボードのショートカットを紹介しています。

各個別回答の冒頭には、回答者に関する以下のメタデータが掲載されます。

メタデータ
説明
回答状況回答のステータスが「完了」、「一部回答済み」、「対象外」、「定員数の超過」のいずれかです。
コレクターコレクターのニックネームとタイプが表示されます。
開始日時回答者がアンケートリンクをクリックしてアンケートにアクセスした日時です。回答の閲覧やエクスポートしたデータの閲覧の際には、表示される時刻は、お使いのコンピュータのタイムゾーンによって異なります。
最終変更日時回答者が「次へ」または「完了」をクリックした日時、または回答者に回答の編集を許可している場合は最新の変更日時が表示されます。
作業時間「開始日時」から「最終変更日時」までの時間です。
IP アドレス匿名回答がオフの場合に記録されます。
言語多言語アンケートを送信した場合に記録されます。
メールアドレス招待メールでアンケートを送信し、匿名回答をオフにした場合に記録されます。
氏名招待メールコレクターテキストメッセージコレクターからアンケートを送信し、このカスタムデータを含め、匿名回答をオフにした場合に記録されます。
カスタムデータ 1招待メールコレクターテキストメッセージコレクターでアンケートを送信し、このカスタムデータを含め、匿名回答を「オフ - 回答者の情報をすべて含める」または「オン - 個人情報のみ除外する」にした場合に記録されます。

エクスポートされたデータには回答者IDが表示されます。この番号は回答者ごとではなく、回答ごとに割り当てられます。新しい回答には、独自の一意な番号が割り当てられます。

個別ビューでの個々の回答の閲覧においては、以下の操作やショートカットも便利です。

  • 特定の回答へ移動するには、回答者番号のドロップダウンメニューをクリックし、番号を入力します。
  • すべてのページのドロップダウンメニューから、すべてのページを表示するか、一度に1ページのみ表示するかを選択することができます。
  • 回答者メタデータが表示されているグレーのボックスの右上にあるボタンをクリックして、個別の回答を編集削除あるいはエクスポートすることができます。
  • キーボードの j で前の回答が表示されます。
  • キーボードの k で次の回答が表示されます。

回答者のメタデータを基準にアンケート結果をフィルタリングすることができます。フィルターを作成する際、検索フィールドに異なる記号を使用すると、探している回答を見つけるのに役立ちます。記号を使ってメールアドレスやIPアドレスのフィールドを検索することはできません。

  • 検索記号