記事

SurveyMonkeyアカウントのキャンセルまたは削除

サービス利用のキャンセルポリシー

支払済みの機能にいつでもアクセスできるよう、初期設定で支払済みプラン自動更新されるように設定されています。 自動更新はいつでもキャンセルして、プランをキャンセルできます。

自動更新をキャンセルすれば、次回請求日にお支払い方法に料金が請求されることがなくなります。また、請求書でお支払いをしている場合、次の請求書が発行されることもなくなります。現在ご利用のプラン(既にお支払い済みの時間)に影響はありませんので、次回請求日にプランダウングレードするまで、充実した有料機能をご利用いただけます。

EUに居住されている方で、過去14日以内に新規アカウントをアップグレードされた場合は、サービス利用のキャンセルポリシー(EU)もご参照ください。

自動更新をキャンセルする

ご自身のプランをお持ちの場合や、チームの代表管理者である場合、プランをキャンセルするには以下の手順に従ってください。

自動更新を無効化するには:

  1. 特殊なキャンセル事例に関する以下の情報を確認し、参考にしてください。
  2. お客様のアカウントでSurveyMonkeyにログインします。
  3. 右上にあるユーザー名をクリックし、[マイアカウント]を選択します。
  4. [請求詳細]タブをクリックします。
  5. [請求プロフィール]セクションの[自動更新]に移動します。
  6. 自動更新設定の横にあるリンクをクリックし、自動更新を無効化またはキャンセルし、手順に従います。キャンセル条項とアカウントのダウングレード日を必ず確認します。

請求書でのお支払い方法に切り替えて、次回請求日に自動請求される代わりに、更新請求書を入手します。

ダウングレードするとどうなるか?

プランをダウングレードすると、プランタイプはベーシック(無料プラン)に変更されます。チームをキャンセルすると、すべてのアカウントがダウングレードされ、チームは解散されます。

特殊なキャンセル事例

未払いの請求書がある場合

現在未払いの請求書がある場合、自動更新のキャンセルオプションは表示されません。 アカウントをキャンセルする場合は、お問い合わせください

セールスチームと協力して作成したアカウントの場合

当社のセールスチームと協力してアカウントを設定した場合は、お問い合わせいただき、アカウントをキャンセルしてください。

HIPAA設定が有効なアカウントの場合

HIPAA設定が有効なアカウントをキャンセルする場合、アカウントは請求サイクルの最終日に保留状態に置かれます。 保留期間は提携事業者契約に記載された期間まで続きます。その間はアカウントを更新することができます。 保留期間が終了した時点で、SurveyMonkeyはアカウントとアカウント内のすべてのデータを閉鎖します。

iOSアプリアカウントの場合

iOS用SurveyMonkeyモバイルアプリでSurveyMonkeyのプランを購入された場合は、請求はSurveyMonkeyではなくAppleで管理されています。プランをキャンセルする場合は、SurveyMonkey内でなくプラットフォーム上で行う必要があります。

アカウントを削除する

ご自身のアカウントは、チームに属さない限り、削除することができます。ご使用のアカウントまたはチーム内のアカウントを削除すると、そのアカウントは直ちに無効となります。ログインしてコンテンツや請求書、支払い履歴を照会することができなくなります。すべてのデータが90日以内にSurveyMonkeyのシステムから完全に削除されます。

アカウントを削除するには、以下の手順を行います。

  1. デスクトップまたはノートパソコン上のお客様のSurveyMonkeyアカウントにログインします。モバイルサイトやモバイルアプリからアカウントを削除することはできません。
  2. 右上にあるユーザー名をクリックし、[マイアカウント]を選択します。
  3. ページの一番下までスクロールし、[アカウントを完全に削除]をクリックします。
  4. 情報を確認したら、すべてのチェックボックスをクリックしてパスワードを入力します。
  5. [はい、このアカウントを削除します]をクリックして確認します。

プライバシー法に基づいて、忘れられたり、データ削除のリクエストをする権利を行使したい場合は、当社のリクエストプロセスをご確認ください。

トラブルシューティングのヒント

  • パスワードがわからない
  • Google、Facebook、LinkedIn、Office 365からログインします。
  • 確認ボタンをクリックできない

返金

プランをキャンセルまたはアカウントを削除するときの残り時間に対する返金手続きは自動的に行われません。

多くの場合、プランの購入期間が終了する前に自動更新をキャンセルすると、プラン期間終了までは有料機能にアクセスできるようになります。 短期間だけ有料プランを利用する必要がある場合は、月間プランをご利用ください。 サービス規約により、法的に必要でない限り、サービスをキャンセルした際にすでに請求されていた料金は返金されません。 EUのお客様はサービス利用のキャンセルポリシー(EU)に記載されている返金の権利を有します。 事前キャンセルに対してSurveyMonkeyが法的に返金を行う必要がある地域にお住まいの方、またはキャンセルや返金に関してご質問がある方はお問い合わせください

個人アカウントを削除すると、プラン内に残っている支払い済みの時間をご利用できなくなります。 削除の実行中に、現在支払い済みプランの残り時間を放棄し、この未使用の時間に対する返金は行われないことに明示的に同意するよう求められます。

チーム上でアカウントを削除しても、そのアカウントに残っている時間はそのままご利用いただけます。そのアカウントは利用できるようになるため、追加料金なしで別のユーザーをチームに招待できます。

非アクティブなアカウント

無料のSurveyMonkeyまたはSurveyMonkey Contributeアカウントに3年以上ログインしていない場合、アカウントは非アクティブとみなされ、完全に削除されます。

アクセスを維持するには、アカウントにログインします。非アクティブな期間が長期にわたる場合は、パスワードのリセットが必要になることもあります。