m
!

日本語サポートはご利用いただけなくなります

*
日本語でのEメールサポートは近日中にご利用いただけなくなります。メールでのサポートは以下の言語でご利用いただけます:英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、オランダ語、ポルトガル語

SurveyMonkey for Salesforce

SurveyMonkey for Salesforce アプリは、SurveyMonkey エンタープライズのアドオンとして、追加料金にてご利用いただけます。

SurveyMonkey のセールスチームに連絡する »

目次

  1. 概要     
  2. アカウントのリンク
  3. SFDC でアンケートを作成する
  4. SFDC でアンケートを管理する
  5. SurveyMonkey でアンケートテンプレートを編集する

概要     

SurveyMonkey for Salesforce アプリでは、アンケートの作成や自動配信が可能です。Salesforce(SFDC)のコンタクトやケース、プロジェクト、見込み客、ユーザーから抽出した配信先にアンケートを実施して、データを収集することができます。

SurveyMonkey for Salesforce アプリで作成できるアンケートには以下の3つのタイプがあります。

アンケートタイプタイミング
手動すぐに配信
定期配信定期的に配信
配信予約SFDC の特定のイベントに合わせて配信

管理者ユーザーは、一定期間内に配信先に届くアンケート招待が多くなりすぎないよう、制限(配信ルール)を設けることができます。

回答の収集が始まると、アンケート結果が SFDC のレポートとダッシュボードにリアルタイムで反映されるため、たいへん便利です。

SFDC のインスタンスにこのアプリをインストールしたい場合は、SurveyMonkey のセールスチームにご連絡ください。

 

アカウントのリンク

SFDC のインスタンスにアプリをインストールすると、アプリを開き、アカウントをリンクさせることができます。

  1. SFDC のインスタンスにログインします。
  2. 画面右上のメニューから SurveyMonkey for Salesforce を選択します。

このアプリを初めて開いた場合、SurveyMonkey エンタープライズのアカウントをアプリにリンクするよう求められます。

このアプリへのアクセスを持つユーザーは全員、それぞれ自身の SurveyMonkey エンタープライズのアカウントへのアクセスを承認するようにしてください。SFDC インスタンスで SurveyMonkey アプリを使用するユーザー全員が、同じ SurveyMonkey エンタープライズグループに所属している必要があります。

 

SFDC でアンケートを作成する

SFDC のアンケートには、アンケートテンプレート、メールテンプレート、配信先リスト、配信方法が含まれます。

ステップ 1:SFDC でアンケートを作成する

SurveyMonkey for Salesforce アプリでアンケートを作成するには:

  1. アンケートタブを開き、新規アンケートをクリックします。
  2. 4つのタブにてアンケートの設定を行います。

ステップ 2:アンケートテンプレートを選択する

アンケートテンプレートタブを開き、リストから既存のアンケートを1つ選択し、Salesforce 上で直接プレビューします。リストには、アプリにリンクした SurveyMonkey アカウントに保存されているアンケートとデフォルトの SurveyMonkey テンプレート(ネットプロモータースコア、SHRM、顧客満足度など)が表示されます。

注: デフォルトの SurveyMonkey テンプレートを使って SFDC でアンケートを作成した場合、そこでつけたタイトルがアンケートタイトルになります。デフォルトでは、アンケートタイトルは回答者が見るアンケートのトップに表示されます。

使用したいアンケートテンプレートがない場合は、SurveyMonkey アカウントにログインし、そこでアンケートを作成してから、アプリに戻ってください。

SurveyMonkey エンタープライズグループの代表管理者および管理者は、アンケートをグループ全員にコピーすることで、組織に合わせてカスタマイズしたアンケートテンプレートをグループ内で共有できます。

ステップ 3:メールテンプレートを選択する

メールテンプレートタブを開き、既存の SFDC メールテンプレートを選択して、招待メールのメッセージのテンプレートとして使用します。以下のフォルダに入っているテキストテンプレート、HTML テンプレート、カスタムテンプレートがリスト表示されます。

  • 未仕分けの公開メールテンプレート
  • マイパーソナル・メールテンプレートフォルダ

ビジュアルフォースメールテンプレートはリストには表示されません。

必須マージフィールド

メールテンプレートを作成する場合は、以下の SurveyMonkey のマージフィールドを含める必要があります。

マージフィールド説明
{!SurveyMonkey.SurveyLink}配信先のメールアドレスに紐付けされる固有のアンケートリンクが挿入されます。
{!SurveyMonkey.RemoveLink}受信者がメールの配信停止をリクエストする際の配信停止リンクが挿入されます。アンチスパムポリシーにより、招待メールには必ず配信停止リンクを入れることが義務付けられています。配信停止の選択肢があることが受信者に明確に伝わるよう、配信停止リンクははっきりと表示してください。

 
任意マージフィールド
 
マージフィールド説明
{!Contact.FirstName}ケースまたはコンタクトのアンケートに、コンタクトの名前が挿入されます。
{!Contact.LastName}ケースまたはコンタクトのアンケートに、コンタクトの姓が挿入されます。
{!Contact.Email}ケースまたはコンタクトのアンケートに、コンタクトのメールアドレスが挿入されます。
{!Lead.FirstName}見込み客のアンケートに、見込み客の名前が挿入されます。
{!Lead.LastName}見込み客のアンケートに、見込み客の姓が挿入されます。
{!Lead.Email}見込み客のアンケートに、見込み客のメールアドレスが挿入されます。

既存のメールテンプレートの編集が終了したら、続行をクリックします。新しいメールテンプレートとして保存することも、テンプレートとしては保存せずその回限りで使用することも可能です。

ステップ 4:配信先を定義する

配信先タブを開き、アンケートのタイプを選択してアンケートを配信するタイミングを設定します。どのタイプを選択すべきか迷う場合は、ページ上部の表を参考にしてください。

次に、回答者グループ(配信先を抽出するオブジェクト)を選択します。配信先を抽出できるオブジェクトは、プロジェクト、ケース、コンタクト、見込み客、ユーザーです。このアプリでは、これらのオプションは Salesforce のデフォルトのオブジェクト名で表示されますが、実際にはオブジェクト名が貴組織によって変更されている場合もあります。

その次のステップは、どのアンケートタイプを選択するかによって異なります。

手動

手動の場合、配信先フィルタを作成して、配信先を選択します。

  • カスタム:そのアンケート専用のカスタム配信先フィルタを作成します。
  • 既存のリストビュー:既存のリストビューから配信先を抽出します。
  • 既存のレポート:既存のレポートから配信先を抽出します。「マイパーソナル・カスタムレポート」フォルダの中で ID オブジェクトを含むレポートだけが、ここに含まれます。

各フィルタに含まれる配信先の一覧が設定の下に表示されます。除外したい配信先を外すことも可能です。「カスタム配信先フィルタ」を使用している場合は、検索をクリックして配信先のリストを抽出します。

配信ルールにより対象外と見なされた配信先は自動的に除外されています。除外された配信先にマウスポインタを合わせると、適用された配信ルールを確認できます。手動タイプでは、除外された配信先を再選択することも可能です。

手動アンケートを保存すると、このアプリにリンクした SurveyMonkey で新しい招待メールコレクターが自動的に作成されます。

配信予約

配信予約の場合、アンケート配信の条件を定義するフィルタを作成します。

条件に一致すると、このアプリにリンクした SurveyMonkey のアカウントで新しい招待メールコレクターが作成され、5分以内にアンケートが配信されます。回答はそのコレクターに紐付けされます。

オプショナル:特定の時間や日数の遅延を適用できます。招待メールコレクターはその遅延を過ぎるまでは SurveyMonkey に追加されません。

配信先がすでに配信ルールで定めた最大招待メール数を受け取っている場合、その配信先は配信先リストに追加されません。

定期配信

定期配信の場合、配信する間隔を設定する必要があります。定期配信の設定は必ず以下の形式にしてください。

配信間隔:[#][期間:日、月、年のいずれか]
開始:[開始日]
終了:[終了日]

配信間隔: 3 カ月
開始:4/30/2015
終了: 4/30/2016

この設定例では、2015年4月30日に最初のアンケートが配信され、その後2016年4月30日まで3カ月ごとに同じアンケートが配信されます。

定期配信の開始日を本日にすると、数分以内にアンケートが配信されます。定期配信の開始日を未来の日付にすると、アンケートはその開始日の深夜0時に配信されます。

次に、配信先を選択する配信先フィルタを作成します。

  • カスタム:そのアンケート専用のカスタム配信先フィルタを作成します。
  • 既存のリストビュー:既存のリストビューから配信先を抽出します。
  • 既存のレポート:既存のレポートから配信先を抽出します。「マイパーソナル・カスタムレポート」フォルダの中で ID オブジェクトを含むレポートだけが、ここに含まれます。

配信ルールにより対象外と見なされた配信先は自動的に除外されています。除外された配信先にマウスポインタを合わせると、適用された配信ルールを確認できます。定期配信では、配信ルールで除外された配信先を選択し直すことはできません。

リストビューやレポートに登録されている配信先は将来的に変更される可能性があるため、アンケートの配信日が来るたびに配信先フィルタはその内容を再評価します。フィルタで特定の配信先の選択や除外ができないのは、このためです。

定期配信でアンケートを配信するたびに、SurveyMonkey アカウントにて新しい招待メールコレクターが作成されます。つまり、定期配信の数だけ新しいコレクターが作成されるということになります。配信日は各コレクターに紐付けられます。

ステップ 5:アンケートを確認する

アンケートを配信する前に、アンケート詳細タブにて設定の概要を確認できます。

 

SFDC でアンケートを管理する

SurveyMonkey for Salesforce アプリを開いたときにデフォルトで表示されるアンケートタブでは、貴組織のユーザーがこのアプリで作成した全アンケートが一覧表示されます。

また、SFDC では各既存アンケートの以下の情報を確認できます。

  • アンケート名:SFDC のアンケートの名前。
  • 配信先:招待メールを受け取った人数。
  • 回答者:アンケートに回答した配信先の人数。
  • タイプ:配信先タブで設定したアンケートの配信方法(手動、配信予約、定期配信)。
  • 管理者:SFDC でそのアンケートを作成したユーザーの名前。
  • 配信日:アンケートが配信された日時。配信予約および定期配信では、このフィールドには最新の日時だけが表示されます。

管理者ユーザーは、このアプリで作成した全アンケートの編集および管理が可能です。ビジネスユーザーは自身が作成したアンケートのみ編集できます。

SFDC でアンケートを編集する

編集可能なオプションは、アンケートタイプによって異なります。

手動アンケート

手動アンケートは1回限りであるため、複数の回答者グループにアンケートを配信する必要がある場合は、SFDC で完全に新しいアンケートを作成されることをお勧めします。

配信予約アンケート

配信予約アンケートの以下の部分は編集が可能です。

  • 配信先フィルタ
  • SFDC のアンケート名
  • 遅延(配信先タブにていつでも変更可能)

配信予約アンケートを編集しても、すでに配信予約された配信先には影響しません。実施日時はその配信予約が作成された時点でセットされ、変更することはできません。

定期配信アンケート

定期配信アンケートの以下の部分は編集が可能です。

  • 配信先フィルタ
  • SFDC のアンケート名
  • 配信周期(配信先タブにていつでも変更可能)
メールテンプレートを編集する。アンケートの配信先を作成してしまうと、SFDC でそのメールテンプレートに変更を加えても、その変更は招待メールに反映されません。変更したい場合は、新しいメールテンプレートにて SFDC で新たなアンケートを作成してください。
SFDC でアンケートを無効化する

オプションを無効にしたことで表れる影響は、アンケートタイプによって異なります。

手動アンケート

アプリにてアンケートの詳細設定が完了すると手動アンケートはすぐに配信されるため、手動アンケートを無効化しても何も影響はありません。

配信予約アンケート

配信予約アンケートを、設定した実施タイミングまでに無効化すると、アンケート招待メールは配信されません。これは、無効化されたアンケートに設定された配信予約をシステムが無視するためです。

実施日時までにアンケートを再び有効にすると、最初に配信予約を設定したときの実施日時に招待メールが配信されます。

定期配信アンケート

定期配信アンケートを無効化すると、次の配信タイミングから招待メールは配信されなくなります。

次の配信タイミングまでにアンケートを再び有効にすると、招待メールは予定通り配信されます。

SFDC でアンケートを削除する

オプションを削除にしたことで表れる影響は、アンケートタイプによって異なります。

手動アンケート

手動アンケートを削除すると、そのアンケートはアプリから完全に削除されます。

配信予約アンケート

アプリからアンケート全体を削除するか、その回答と配信先だけを削除するかを選択できます。配信予約アンケートを削除すると配信予約したすべての配信先が消去されるため、招待メールは配信されません。

定期配信アンケート

アプリからアンケート全体を削除するか、その回答と配信先だけを削除するかを選択できます。

 

SurveyMonkey でアンケートテンプレートを編集する

アンケートテンプレートの質問を変更する必要がある場合(質問の追加や削除、文言の変更)は、まず SurveyMonkey にて新しいアンケートを作成してから Surveymonkey for Salesforce アプリで新しいアンケートを作成してください。その方法を以下に紹介します。

  1. SurveyMonkey にログインします。
  2. オリジナルのアンケートのコピーを作成します。
  3. 必要な変更を加えます。
  4. SurveyMonkey for Salesforce アプリに戻ります。
  5. アプリにて新しいアンケートを作成し、アンケートテンプレートタブから新しいテンプレートを選択します。
SurveyMonkey for Salesforce アプリで作成したアンケートの質問や回答選択肢を SurveyMonkey で変更すると、SFDC ではそのアンケートの追跡や更新ができなくなってしまいます。
SurveyMonkey for Salesforce. com(SFDC)では、アンケートの作成や自動配信が可能です。Salesforce のコンタクトやケース、プロジェクト、見込み客、ユーザーから抽出した配信先にアンケートを実施して、データを収集することができます。

回答を得る