m

アンケート結果のフィルタリング

フィルタールールを適用すると、アンケート結果を細分化し、特定のデータにフォーカスすることができます。たとえば、質問や回答を基準にデータをフィルタリングすれば、特定の回答をした回答者だけを抽出できます。また、回答状況を基準にフィルタリングすれば、回答完了済みのデータだけを抽出できます。

アンケートを作成する時点で、結果のフィルタリング方法を考えて作成するようにしましょう。回答者をグループ分けして分析するには、そのグループ分けができる質問をアンケートに入れるようにしましょう。

たとえば、従業員に所属部門を尋ねる質問を入れておけば、質問と回答によるフィルターを使って人事部の結果だけを見ることもできます。人事部の中の回答完了済みのデータだけを見る場合は、回答状況を基準にさらにフィルタリングをかけることもできます。

フィルタールールの作成

フィルタールールを作成するには

  1. 対象アンケートの[集計結果の分析]ページを開きます。
  2. 左側のサイドバーの[現在のビュー]セクションにある[フィルター]をクリックします。 
  3. フィルタータイプ(下記の表を参照)を選択します。
  4. 注目する基準を指定します。抽出結果には、選択したいずれかの基準に一致した回答が表示されます。
  5. 適用]をクリックします。表示されたページの上部には、回答総数とフィルターによって抽出された回答数が表示されます。
フィルターのタイプ
説明
質問と回答特定の回答をした回答者だけが抽出されます。選択回答形式の質問の場合は、フィルタリングの基準となる回答の選択肢を選択します。自由形式の質問の場合は、フィルタリングの基準となるフレーズをコンマで区切って入力します。
回答状況特定の回答状況の回答のみが抽出されます。「完了」、「一部回答済み」、「対象外」、「定員数超過」のいずれかが表示されます。
コレクター複数のコレクターを使用している場合は、特定のコレクター経由で収集した回答だけが抽出されます。
日付特定の期間に送信された回答だけが抽出されます。
回答者のメタデータその他の回答者のメタデータを基準に回答をフィルタリング:回答日時、IPアドレス、メールアドレス、氏名、カスタムデータ1などがあります。
A/B テストアンケートでA/B テストを使用している場合は、特定の条件を表示された回答者の回答だけが抽出されます。

フィルターロジック

1つのフィルタールールはフィルター内でORロジックを使用します。つまり、フィルターの基準を1つ以上満たす回答者が表示されます。たとえば、質問と回答を基準にフィルタリングを行うときに、2つの回答の選択肢(AとB)を選択すると、回答の選択肢Aまたは回答の選択肢Bのいずれかを選択した回答者が抽出されます。

フィルター内ですべてのオプション(除外するオプションは除く)を選択すると、NOTビューを作成できます。

一度に複数のフィルターを適用した場合は、ANDロジックで結ばれます。つまり、両方のフィルタールールを満たす結果のみが表示されます。回答者はフィルターがかけられたデータセットに含まれるすべてのフィルター基準を満たす必要があります。

ORまたはNOTの組み合わせを使用してより複雑なレポートを作成するには、結果をスプレッドシートとしてエクスポートされることをお勧めします。使用できるスプレッドシートのエクスポート形式としては、XLS、CSV、またはGoogleスプレッドシートがあります。

複数のフィルターの使用

有料機能:一度に複数のルール(フィルター、比較、表示]を使用するには、有料プランが必要です。

同時に複数のフィルターを適用し、データを更に細分化することができます。

一度に複数のフィルターを適用した場合は、ANDロジックで結ばれます。つまり、両方のフィルタールールを満たす結果のみが表示されます。回答者はフィルターがかけられたデータセットに含まれるすべてのフィルター基準を満たす必要があります。

ヒント!作成したフィルターの組み合わせはビューとして保存できます。アンケートをチーム共有している場合、コラボレーターが対象のアンケートの結果にアクセスすると、[集計結果の分析]セクションに保存されている情報がすべてのコラボレーターに表示されます。わかりやすい名前をつければ他のコラボレーターも認識しやすく、独自に分析する際にビューを使いやすくなります。

フィルタールールの管理

左サイドバーの[現在のビュー]セクションでルールの右にある黒の下向き矢印をクリックすると、そのルールの適用解除や編集、名前の変更、コピー、削除ができます。

フィルターの右にある緑色の線は、ルールが有効であることを示します。緑色の線が表示されたフィルターボタンをクリックすることで、ルールのオンとオフを切り替えることができます。

フィルタリングしたデータの共有とエクスポート

フィルタールールを適用したデータを共有またはエクスポートして、特定のデータにフォーカスしたレポートを作成することも可能です。

フィルタールールを適用したデータを共有またはエクスポートするには

  1. フィルタールールが適用されていることを確認します。
  2. 左サイドバーの[保存されているビュー]セクションで、[名前を付けて保存...]をクリックします。
  3. ビューに名前を付け、[保存]をクリックします。
  4. 保存されているビューの右側にある黒の下向きの矢印をクリックします。
  5. ビューのエクスポート]または[ビューの共有]をクリックします。
フィルタールールを適用すると、アンケート結果を細分化し、特定のデータにフォーカスすることができます。質問や回答を基準にデータをフィルタリングすれば、特定の回答をした回答者だけを抽出できます。また回答状況を基準にフィルタリングすれば、回答完了済みのデータだけを抽出できます。

回答を得る