比較ルールを使用すると、1つの質問から2つ以上の回答オプションを選択し、それらを並べて表示することができます。たとえば、アンケートに年齢を尋ねる質問を含める場合、比較ルールを作成して各年齢層のアンケート結果を表示することができます。これは、さまざまな年齢層がアンケートの質問にどのように回答したかを理解するのに役立ちます。

ヒント!複数の質問の回答選択肢を使用してより複雑な比較を行うには、クロス集計レポートを作成します。

比較ルールは、複数選択肢、チェックボックス、星による評価、ドロップダウン、マトリックス/評価スケール、画像選択肢、ランク付けといった選択回答形式の質問タイプで作成できます。

マトリックス/評価スケールの質問を使用して比較ルールを作成する場合、回答の選択肢を組み合わせたり非表示にしたりすることはできません。

比較ルールを作成するには:

  1. 対象アンケートの[集計結果の分析]ページを開きます。
  2. 左側のサイドバーの[ルール]セクションで、[+ 比較]をクリックします。
  3. [比較ルールのタイプ]を選択します。
  4. 焦点を当てたい基準を選択します。
  5. [適用]をクリックします。表示されたページの上部には、回答総数とルールによって抽出された回答数が表示されます。

統計的有意性をオンにすると、偶然の結果として統計的にありえそうもないほどの差が出たときに自動的に計算されます。

ルールタイプ
説明
質問と回答特定の回答選択肢を使って質問に回答した人に焦点を当てます。
A/BテストアンケートでA/Bテストを使用した場合は、各変数を見た人の回答を比較します。
コレクター複数のコレクターを使用した場合は、異なるコレクターの回答者がアンケートにどのように回答したかを並べて比較してください。
日付日付範囲間の回答を比較します。

左側のサイドバーの[ルール]セクションで、ルールの横にある[その他]アイコン...)をクリックして、適用解除、編集、名前の変更、コピー、削除を行います。

ルールの横にある緑色のチェックマーク✅は、ルールがアクティブであることを意味します。ルールの名前をクリックして、ルールをオンまたはオフにします。

ルールを適用して結果をエクスポートしたり、アンケート結果を他の人と共有したりすることができます。

複数のルールを表示として一緒に保存すると、データの異なるセクションに簡単にアクセスできます。