m

データ収集とプライバシーのベストプラクティス

回答者に回答がどのように取り扱われるかを説明しましょう

自社のプライバシーポリシーを回答者に開示することは、どんなときも有効です。これにより受信者は安心し、回答率も上がる可能性があります。

プライバシーポリシーの開示方法としては、アンケートの導入部で開示する方法や、アンケートリンクを回答者に配信する際のメール本文にて開示する方法があります。プライバシーポリシーを既に備えている組織としてアンケートを行う場合、その Web ページにリンクさせることもできます。もしくは、アンケートの導入部にプライバシーポリシーの全文を掲載するという方法もあります。

スキップロジックを活用すれば、御社のプライバシーポリシーやその他の諸条件に同意しない回答者をアンケート対象外にすることも可能です。

プライバシーのステートメントでは、少なくとも次のことを記述する必要があります。

  • どのような個人情報を収集するのか:(回答を匿名で収集するのか、もしくはメールアドレスやチケット番号等によって回答者を追跡するのかどうかなど)アンケートで尋ねる個人情報の種類をおおまかに説明します。
  • 回答をどのように使用するか:アンケートの目的は? アンケート結果をどう活用するのか?
  • 回答が一般の目にさらされるかどうか:他人がデータに触れないようにするには、SurveyMonkey のアカウントを他の人と共有せずに、結果が公開されないようにアンケートを設定する必要があります。
  • 回答者はどのように自分の回答にアクセスできるのか:回答者が自分の回答を変更するために回答に再度アクセスできるのか、またはすでに収集されているいずれの個人情報も削除するようリクエストできるかのかを説明します。
  • 問い合わせ先を伝える: 作成者のメールアドレスを掲載しておきます。

当社が回答者のデータをどのように取り扱うのかを説明するために、SurveyMonkey のプライバシーポリシーセキュリティステートメントにリンクすることもご検討ください。

個人情報収集の制限

アンケートの目的を達成するために最低限必要な個人情報のみを収集するようにします。アンケートではデリケートな質問をしないようにしましょう。

SSL 暗号化

SurveyMonkey には、SSL 暗号化の機能があります。この機能を使用すると、回答者と SurveyMonkey のサーバーを安全に結ぶことができます。

お客様自身のプライバシー要件を確認してください。

企業の多くはデータに関するプライバシー規定によって規制されていると同時に社内でも独自の規定を設定しています。お客様は自身の責任において、そうした要件に沿うアンケートを作成しなければならないため、そうした規定を把握しておくようにしましょう。

回答者に御社のプライバシーポリシーを開示することは良いことです。プライバシーポリシーはアンケートの導入ページでも開示することができます。自社でプライバシーポリシーを規定している場合は、そのページへのリンクを掲載するという方法もあります。

回答を得る