SurveyMonkey(SVPK Inc.)はMomentiveがお届けしています。Brand InsightsソリューションとMarket Insightsソリューションをお試しください。また、momentive.ai | Read FAQでどんどん追加されているAIを活用したソリューションをご確認いただけます。

SurveyMonkey Audienceを使用してアンケート回答を購入する場合、適切な回答者にアンケートに回答してもらうには、次の2つの方法があります。

1. 対象Audienceコレクターで対象オプションを選択する

2. 不適格ロジックを使ったスクリーニング質問をアンケートに追加し、該当者率を推定する

アドオンの購入:回答者の回答は、プランのサブスクリプションとは別に、1回限りのアンケートアドオンとして購入されます。

国、地域、性別、年齢、収入などの対象オプションの画像。性別と年齢のバランス調整オプション、その他のターゲティングオプションを追加するボタンもあります。

対象Audienceコレクターで利用可能な対象オプションを使用して、アンケートを特定の回答者に送信します。当社のパネリストは何百もの対象オプションに基づいてソートされているため、国、デモグラフィックス、雇用形態、趣味、宗教などに基づいて回答者をターゲティングできます。

利用可能な対象オプションについては、Audienceのプレビューページをご覧ください。

対象オプションに加えて、アンケートに適切な回答者を見つけるために特定の質問をする場合は、不適格ロジックを使ったスクリーニング質問をアンケートに追加できます。

たとえば、特定の店舗で過去30日間に買い物をした人や、過去6ヶ月間にプレミアムウイスキーを購入した人を検索するとします。

スクリーニング質問は、対象者として適切か不適切かを回答内容に応じて判断するために、アンケートのデザインに追加する選択回答形式の質問です。

ヒント!例とヒントについては、「スクリーニング質問の使用ガイド」をご覧ください。

アンケートのスクリーニング質問に不適格ロジックを追加する必要があります。対象外ページにスキップするように設定された質問スキップロジックを使用します。スクリーニング質問に不適格ロジックを追加すると、関連するアンケート回答者はアンケートを完了する一方で、対象とならない回答者は対象外ページにスキップします。

不適格ロジックを使用したスクリーニング質問を追加するには、次の手順で操作します。

  1. [アンケートのデザイン]セクションで、アンケートの最初にスクリーニング質問を追加する。
  2. [オプション]タブから、[回答を必須にする]を選択する。
  3. [ロジック]タブから、[質問スキップロジック]を追加する。
  4. 回答者の対象とならない人を[対象外ページ]にスキップすることが選択されている。

アンケートに不適格ロジックを使用したスクリーニング質問が含まれている場合、注文を完了する前に該当者率を選択する必要があります。該当者率とは、スクリーニング質問を基に推定される回答者のパーセンテージです。

選択する該当者率は、アンケートの送信先数に影響します。たとえば、100件の完了済み回答が必要で、該当者率が50%と推定される場合、最大200人のパネリストにアンケートを送信できます。

必要な完了済み回答の合計数を確保するため、低いレートで推定することをお勧めします。

該当者率が注文にどのように影響するかを理解するのはユーザーの責任です。当社では、アンケートに適した該当者率を選択するためのサポートは行っておりませんが、下のヒントをご確認ください。

  • 該当者率がプロジェクトに与える影響
  • 推定該当者率と実際の該当者率
  • 該当者率を推定するためのヒント