アンケートに必要な回答者数の計算

アンケートに必要な回答者数は、アンケートの目的やアンケート結果の信頼度をどの程度高めたいかによって異なります。 許容できる誤差範囲を小さくすればするほど、信頼度は高まります。

SurveyMonekyのサンプルサイズ計算システムを使用すると、アンケートに必要な回答者数(サンプルサイズ)を算出できます。

ヒント!回答者数を確実に確保する場合は、回答者を購入するという方法もあります。必要なサンプル数を提示していただければ、アンケートの対象者層にしたがって回答者を集めます。

サンプルサイズを算出するには、まず以下の情報を定義しておく必要があります。

  • 人口サイズ
  • 誤差範囲
  • 信頼度
  • パーセント値

アンケートに必要な回答者数を短時間で算出するには、当社のサンプルサイズ計算システムを使用します。 ご自身でサンプルサイズを計算する場合は、以下の公式を使用してください。

z 2乗 掛ける 開括弧 1 引く p 閉括弧 割る e 2乗 割る 1 足す 開括弧 z 2乗 掛ける p 開括弧 1 引く p 閉括弧 割る e 2乗 N 閉括弧
統計
説明
N人口サイズ
e誤差範囲(小数点表記)
z信頼度(Zスコア表記)
pパーセント値(小数点表記)

以下の表は、信頼度を95%とした場合の誤算範囲別の推奨サンプルサイズです。推奨サンプルサイズの計算には上述の公式を使用しました。サンプルサイズを四捨五入して5または10にする場合もありました。正確な算出方法については、サンプルサイズ計算システムを使用してください

人口サイズ誤差範囲別サンプルサイズ誤差範囲別サンプルサイズ誤差範囲別サンプルサイズ
 ±3%±5%±10%
50034522080
1,00052528590
3,000810350100
5,000910370100
10,0001,000385100
100,000+1,100400100

登校日を増やすことに保護者が賛成かどうかを問うアンケートを実施するとします。

保護者の総数(人口サイズ)は1万人で、誤算範囲は±10%まで許容できるとします。 この場合、上の表を見ると、少なくとも100人の保護者からの回答が必要であることが分かります。

100人の保護者のうちの70%が登校日を増やすことに賛成しているなら、 全保護者1万人のうちの60%から80%が登校日を増やすことに賛成していると推測できます。

アンケートの配信先数を決める際に重要になるのが回答率です。 回答率が高ければ、アンケートの配信先数は少なくて済みます。

たとえば、アンケートに必要なサンプル数が100人で、アンケートを案内した人のうち25%が実際にアンケートに回答してくれると予測するなら、必要な配信先数は400人となります。

回答率を基に必要な配信先数を算出するには、以下の数式を使用します。

回答率のパーセンテージの公式で、上部の「アンケートへの回答数のポンド記号」を、下部の「回答率の予想パーセンテージ」で割った値に100を掛けたものです。

必要な回答者

アンケートの回答に必要な人数を選ぶ

÷ 回答率

予想回答率で割る(.25を使用する場合は25%に25を使用する。ステップ3をスキップする)

x 100

次に、100を掛ける(ステップ2で小数に対してパーセンテージを使用するため)