SurveyMonkey

カスタムデータを使用して連絡先情報を管理する

カスタムデータを使用すると、アンケートに招待した人に関する追加情報をアドレス帳に保存できます。誰かが招待メールまたはテキストメッセージでアンケートに回答してもらうと、アドレス帳のカスタムデータが回答とともに表示され、結果の分析に役立ちます。カスタムデータを使用して招待メールをパーソナライズすることもできます。これは、回答率を高める確実な方法です。

カスタムデータを使用すると、アドレス帳に名と姓のほか、最大50個のカスタムフィールドを保存することができます。カスタムデータは特定のアンケートやコレクターに固有のものではないため、特定のアンケートやコレクターのカスタムデータを定期的に更新することはお勧めしません。

連絡先のカスタムデータを表示するには:

  1. SurveyMonkeyにログインします。
  2. 画面右上のユーザー名をクリックします。
  3. [連絡先リスト]を選択します。
  4. 連絡先リストの下部にあるスクロールバーを使用して、すべての連絡先フィールドを表示します。

カスタムデータフィールドには、デフォルトでカスタム1、カスタム2などのラベルが付いています。これらのラベルを編集するには、[編集]をクリックします。

連絡先リストには、誰でも最大6つのカスタムフィールドを保存することができます。チームプランまたはエンタープライズプランでは、最大50個のカスタムフィールドを保存することができます。

アドレス帳には、個別の連絡先または複数の連絡先を直接追加できます。または、連絡先を招待メールまたはテキストメッセージコレクターに直接追加すると、連絡先が自動的にアドレス帳に追加されます。

  • 1件の連絡先を追加する
  • 複数の連絡先をインポートする

既存の1つの連絡先のカスタムデータを追加または編集するには、[アドレス帳]の連絡先の行をクリックし、[カスタムデータを編集]をクリックします。

一度に複数の連絡先を更新するには、次の順序で操作します。

  1. CSVファイル形式でアドレス帳をエクスポートします。
  2. そのCSVファイルにカスタムデータを入力します。CSVファイルが正しい形式で作成されていることを確認します。
  3. CSVファイルを連絡先リストへインポートします。その際、必ずドロップダウンで連絡先情報を更新するを選択してください。

ヒント!カスタムデータの文字数の上限を確認してください。

招待メールをカスタマイズするために、任意のメッセージ形式カスタムデータ1~6のタグを挿入できます。これらのタグはプレースホルダーで、メッセージの送信時に連絡先のカスタムデータに自動的に置き換えられます。

メッセージにカスタムデータを組み込むには:

  1. 招待メールコレクターをセットアップします。
  2. メッセージの本文の編集中に、カスタムデータを挿入する場所をクリックします。
  3. [カスタムデータの挿入]ボタンをクリックし、挿入するタグを選択します。

件名をカスタマイズする場合は、カスタムデータタグを入力するか、下のリストからコピーして貼り付けてください。括弧を含め、これらのタグを編集しないように注意してください。

連絡先にカスタムデータが含まれていない場合、メッセージにはそのタグがあった場所に空白のスペースが表示されます。

  • カスタムデータタグ
  • カスタムデータを使用したメッセージ例

ヒント!テストメールを送信すると、コレクターのランダムな連絡先からカスタムデータが取得されます。

個別回答または回答データのエクスポートを表示すると、以下のカスタムデータを確認できます。

  • メールアドレス
  • カスタム 1

カスタムデータフィールドをすべて表示するには、結果をXLSスプレッドシートとしてエクスポートします。

分析ルールを適用して、カスタムデータに基づいてアンケートデータをフィルタリングすることで、回答者が回答した理由をよりよく理解することができます。

結果にカスタムデータが表示されない場合は、次の理由が考えられます。

  • アンケートが招待メールテキストメッセージコレクターから送信されていません
  • アンケート回答者がアンケートに回答した後、カスタムデータが連絡先に追加されました
  • 匿名回答すべての回答者情報を除外するように設定されていました
  • カスタムデータフィールド7~50は回答後に列に表示されます