記事

メール利用の一時停止

SurveyMonkeyでは、バウンス率ならびにスパムや不正に関する業界基準に準拠するため、招待メールから配信されるメッセージをモニタリングしています。迷惑メールと認識される割合(アビュース率)やバウンス率を減らすためにも、認められる使用のポリシーをお読みになり、許可されていること、いないことをご確認ください。

承認待ちのメッセージ

ユーザーが送信しようとしたメッセージに審査のためのフラグが立てられ、それらが許可待ちに分類されることがあります。SurveyMonkeyでは、これらのメールを審査した上で、当社の認められる使用のポリシーに準拠しているメッセージのみ送信します。メールに問題が見られた場合は、作成者に連絡します。メッセージに審査のためのフラグを立てる理由はいくつかあります。

  • スパムのフラグは当社のシステムによって自動的に立てられます。大半の人は、自身が配信したメールがメールクライアントや受信者側でスパムと判断されるとは考えていません。その事実を鑑み、当社ではスパムフィルターの回避ためのガイドラインをいくつか作成しましたので、ご覧ください。
  • メールの本文に配信停止リンクが明確に表示されていなかったり、非表示になっていたりする場合。

メールリストの消去

アビュース率やバウンス率が多くなりすぎると、SurveyMonkeyからのお客様のメール配信を一旦停止させていただくこともあります。メール配信を再開するには、メールリストを整理する必要があります。メール配信先の整理はお客様の責任となります。整理作業は、SurveyMonkeyからメールを配信する前に、当サイトの外で実施してください。メールリストを整理する手段としてSurveyMonkeyを利用することは認められていません。

  • バウンスメール: SurveyMonkeyではハードバウンスをモニタリングしています。ハードバウンスとは、送信者に返されるエラーメールのうち、恒久的に宛先に届かないメールのことをいいます。メールアドレスが無効であったり、メールサーバーがSurveyMonkeyのドメインをブロックしている場合もこれに該当します。バウンスメールの受信先は招待メールにていつでも確認できます。
  • アビュース報告: SurveyMonkeyからの招待メールを受信者がスパムとしてマークした件数は、メールプロバイダーからSurveyMonkeyに報告されます。スパムとしてマークされたメールのパーセンテージがアビュース率となります。この計算には、メールに記載されている配信停止リンクから配信停止を行ったメールの数もバウンスメールの数も入っていません。SurveyMonkeyではアビュース率を追跡することはできません。

ヒント!すぐにアンケートを実施したい場合は、Webリンクを作成し、そのURLをご自身のメールクライアントから配信するようにしてください。