記事

Return to Workソリューション

エンタープライズ機能:仕事に戻るソリューションは、英語のアンケートでのみ利用できます。ご興味のある方は、セールスまでお問い合わせください。すでにエンタープライズアカウントをお持ちの場合は、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

Return to Workソリューションは、リモートで作業する、職場に戻る、共有スペースで作業する際の従業員の気持ちを人事リーダーが理解するための手段です。

ヘルプ付きの設定で編集可能なアンケートテンプレートから始め、アンケートを送信する頻度を決定し、結果から得た洞察を含む自動作成されたレポートにアクセスします。

SurveyMonkey(SVMK Inc.)はMomentiveがお届けしています—最高の人材と技術を結び付けて新しい未来を切り開きます。momentive.ai | Read FAQでAIを活用したソリューションをご確認いただけます。

アンケート作成

最初に行うことは、[アンケートの作成]セクションでアンケートを作成することです。作成プロセスを誘導するジーニアスアシスタントを使用して、アンケートテンプレートを確認し、必要なカスタマイズを加えます。

1️⃣ アンケートをデザインする

  1. お客様のアカウントでSurveyMonkeyにログインします。
  2. マイアンケートから、[最近のアンケート]セクションでテンプレートを見つけます。作業再開テンプレートは3つあります。
    • リモートワーカーエンゲージメント
    • 職場復帰
    • 現場労働者エンゲージメント
  3. 開始]をクリックし、アンケートのカスタマイズに役立つジーニアスアシスタントのプロンプトを探します。

アンケートの最初の質問はアンカー質問と呼ばれています。アンカー質問への回答は、[分析]セクションで入手可能な洞察の一部として使用されます。自動洞察を無効にする変更を行おうとすると、アラートが表示されます。

組織のニーズに合わせて、残りのアンケートの個人情報の質問を更新できます。

2️⃣ アンケートのプレビュー

プレビューとスコア]セクションに移動し、すべてが期待どおりに機能することを確認します。アンケートに回答し、回答に基づいて正しいメッセージが表示されることを確認できます。

何か違和感がある場合は、デザインセクションに戻って変更を加えてください。

アンケートの送信

アンケートを送信する準備ができたら、任意のコレクタータイプを選択できます。同じグループの人に反復アンケートを送信する場合は、招待メールコレクターを使用することをお勧めします。招待状のカスタマイズ、回答者の追跡、アンケート回答者への自動リマインダーの設定、特定の日時に再送信するための設定ができます。

3️⃣ 連絡先リストを追加する

招待メールコレクターを使用している場合は、連絡先リストを作成して、適切な人にアンケートが届くようにしてください。そうすれば、必要に応じてユーザーを追加または削除できるため、受信者リストをより細かく制御することができます。

4️⃣ 招待メールをセットアップする

  1. アンケートの[回答の収集]ページを開きます。
  2. メールアドレス]を選択します。
  3. [連絡先の追加]をクリックします。
  4. 連絡先リスト]をクリックします。
  5. アンケートの送信先のグループを選択し、[追加]をクリックします。
  6. メールの件名をカスタマイズし、[メッセージの編集]をクリックして、招待メールを開いたときに表示する内容を入力します。
  7. 次へ]をクリックします。
  8. (オプション)任意のコレクターオプションを選択します。回答のコピーを受け取ってもらいたい場合は、結果メールをオンにします。
  9. 次へ]をクリックします。

5️⃣ アンケートを反復にする

同じグループにアンケートを複数回自動的に送信する場合は、[定期的に送信]を選択します。その後で、アンケートを送信する日時を選択します。実際に反復メールが送信される時間は、[マイアカウント]で選択したタイムゾーンによって決まります。

反復メールを使用すると、新しいメッセージが作成され、同じグループにアンケートが自動的に再送信されます。同じコレクターに、発生回数という新しいメッセージが表示されます。連絡先リストに対して人を追加または削除すると、新しいメッセージが最新のリストに送信されます。

集計結果の分析と共有

回答を収集したら、次は結果を分析します。データをフィルタリングしたり、結果をエクスポートしたり、回答から得た洞察と既存のダッシュボードを共有したりできます。

6️⃣ 集計結果の分析

デフォルトで、アンケートの[集計結果の分析]セクションに移動すると、前回の招待以降に収集された回答が表示されます。

反復アンケートを送信すると、各送信に対応した保存済みビューが自動的に作成され、サイドバーの左側に表示されます。ビューの名前をクリックしてそのオンとオフを切り替え、ビューに関連付けられた回答を表示します。

7️⃣ 結果を表示するダッシュボードの作成

結果を表示するダッシュボードは、アンケート結果を他の人と簡単に共有するための方法です。Return to Workアンケートの結果を表示するダッシュボードを作成する場合は、機械学習を利用してダッシュボード上部の[Insights Summary(洞察サマリー)]セクションに統計的に有意なデータを表示します。

洞察サマリーには、以下が含まれる場合があります。

  • トレンドグラフ: 時間の経過に伴うアンカー質問からのハイレベルなトレンド。このグラフは、定期メールコレクターを使用している場合にのみ表示されます。
  • ダッシュボードインサイト: 調査した人口統計間の統計的に有意な違い
  • ベンチマーク: 他の組織と比較したアンカー質問の結果

結果を表示するダッシュボードを作成するには、次の手順を実行します。

  1. 集計結果の分析]セクションが表示されていることを確認します。
  2. ページの最上部にある[ダッシュボードで表示]をクリックします。

利用可能な自動洞察がダッシュボードの上部に表示され、その後ろに互換性のある最大20件のアンケート質問のグラフが表示されます。

ダッシュボードを公開して共有する前に、カードを移動したり、テキストを追加して結果の背景を詳しく説明したりすることによって、レイアウトをカスタマイズできます。

8️⃣ 集計結果のエクスポート