m

質問のスキップロジック

有料機能:質問のスキップロジックを使用するには、有料プランが必要です。

質問のスキップロジックを使えば、任意の選択回答形式の質問への回答にもとづいて、アンケート内の先の質問やページへと回答者をスキップさせることができます。

質問タイプ

スキップロジックを適用することができる質問タイプは以下の通りです。

複数選択が可能な選択式の質問にスキップロジックを適用することは可能ですが、注意が必要です。回答選択肢ごとに別々のロジック経路を設定している質問で、回答者が選択肢を複数選択した場合、スキップロジックが適用されるのは選択肢リストの上位にある選択肢のみになります。

ロジックを追加する

質問のスキップロジックを追加するには、次の手順で操作します。

  1. アンケートの作成タブをクリックします。
  2. スキップロジックを設定したい質問をクリックします。
  3. [ロジック] タブをクリックします。
  4. 回答選択肢ごとに、[スキップ先]列からスキップ先とするページを選択します。すべての回答選択肢にロジックを適用する必要はありません。(ページオプションについては下で説明しています)
  5. スキップ先はページのトップでも、ページ内の特定の質問でも構いません。特定の質問をスキップ先に設定した場合は、そのページのそれより前の質問は非表示になります。
  6. 保存]をクリックします。
ロジックをテストしましょう!プレビューに切り替えてすべてのロジックが適切に動作することを確認してから、アンケートを配信するようにしましょう。プレビュー画面での回答は記録されません。

ページオプション

スキップ先説明
任意のページ番号回答者を指定のページにスキップさせます。必ずアンケートの先のページに進ませなければならず、前のページに戻すことはできません。
アンケートの最終ページ回答者を直接アンケートの最終ページに送ります。これにより、コレクターオプションで設定したアンケート終了ページが表示されます。収集結果の分析セクションでこの個別の回答を確認すると、回答は「完了」と見なされます。
対象外ページ回答者を対象外のページに誘導します。コレクターオプションで対象外のページをカスタマイズすることができます。収集結果の分析セクションで個別の回答を確認すると、この回答は「対象外」と見なされます。

詳細

  • スキップロジックは、アンケートページの[次へ]をクリックするとトリガーされます。改ページは、トリガーされた質問とスキップされた質問との間に必要です。
  • 同じページで質問のスキップロジックとページのスキップロジックの両方を設定した場合、質問のスキップロジックが優先され、ページのスキップロジックは無効となります。高度な分岐が設定されている場合は、「質問のスキップロジックが適用された高度な分岐の使用」を参照し、これらのルールのどのように連携して動作するかを把握してください。
  • スキップロジックは、回答者をアンケートの先へ進ませるように設定してください。後戻りするように設定すると、ループ状態に陥り、アンケートを完了できない可能性があります。
  • スキップロジックが適用されているアンケートで、番号付け機能が有効になっている場合、質問番号とページ番号は自動で再割り当てされます。
  • スキップロジックを使って回答者を同時に2カ所に飛ばすことはできないため、スキップロジックを適用する質問は1ページにつき1つだけにしてください。同じページ内の複数の質問にスキップロジックを適用している場合、最初の質問のスキップロジックのみが有効になります。
  • スキップロジックを適用した質問はページの最後に置くことをお勧めします。そうすることで、作成者はロジックを設定している質問がどれか分かりやすくなり、回答者に親切なアンケートを作成することができます。
  • 結果を分析する際には、質問と回答によるフィルタを利用すると、スキップロジックの経路が分かりやすくなります。

トラブルシューティング

詳しくはスキップロジックに関するトラブルシューティングをご覧ください。

スキップロジックを活用すると、1つのアンケート内で回答者がたどる経路を複数設定することができます。質問のスキップロジックを使えば、任意の選択回答形式の質問への回答にもとづいて、アンケート内の先の質問やページへと回答者をスキップさせることができます。

回答を得る