記事

SurveyMonkeyアカウントとデータの保護

お客様のアカウント

アカウントごとに1名

当社はデータのプライバシーとセキュリティを真剣に受け止めており、アカウントの共有は当社の利用規約に違反するものです。

各SurveyMonkeyアカウントを使用できるのは1名のみです。ログインの詳細を共有すると、アカウントが侵害される可能性があります。アカウント保有者は、自分の個人情報を保護するだけでなく、お客様の連絡先情報、プライベート調査、保護された健康情報、従業員データなど、収集するすべてのデータに対して責任を負います。

他のアカウントと連携する

連携するすべての人は、自分のユーザー名とパスワードを使用した自分のアカウントを持っている必要があります。どの種類のSurveyMonkeyアカウントを持っていても、アンケートで他のユーザーと連携するための優れた方法があります。

お客様のパスワードとメールアドレス

絶対にパスワードを共有しない

パスワードを知っているのはお客様だけでなければなりません。他の人がアカウントにアクセスした可能性がある場合は、直ちにパスワードを変更してください

強力で推測しにくいパスワードを作る

適切なパスワードは8文字以上で、数字、大文字と小文字、および特殊文字を含むものです。パスワードは長ければ長いほど理想的です。パスワードの対象となるWebサイトを説明する名前、誕生日、一般的な日付、わかりやすい単語やフレーズは使用しないでください。

語呂合わせなどを使うのも、複雑かつ覚えやすいパスワードを作る賢い方法です。フレーズを暗記し、各単語の最初の文字をパスワードに使用するのです。たとえば、公園を週3回走るのが好きで「run in the park three times a week」というフレーズを考えたら、パスワードは「RitP3XaW!」になります。

他のサイトで同じパスワードを使用しない

使用するすべてのWebサイト、アプリ、オンラインサービスで同じパスワードを使用することは避けてください。すべてのパスワードを覚えるのは難しく、パスワードは書き留めることができないため、パスワードマネージャーを使ってすべてのパスワードを安全に管理することを検討してください。

メールアカウントの安全性を確保する

このセクションのヒントは、メールパスワードにも役立ちます。他の人がお客様のメールアカウント(Gmail、Yahoo!、Outlookなど)にアクセスすると、メールパスワードがリセットされ、SurveyMonkeyなどの他のオンラインアカウントにアクセスできるようになる可能性があります。

SurveyMonkeyアカウントの安全を確保するため、登録されているメールアドレスを変更することができます。自分だけがメールアカウントにアクセスでき、SurveyMonkeyアカウントに一般的な、役割ベースの、またはinfo@、admin@、sales@yourcompany.comなどのリストサーバーのメールアドレスを使用しないようにしてください。

お客様のデータ

共有データへのアクセスを制限する

読み取り専用の共有データページを作成して他のメンバーと結果を共有する場合、ページをパスワード保護して、パスワードを知っている者だけがアクセスできるように制限をかけることができます。

チームプランをご利用の場合は、アンケートを共有して、他の人が[アンケートのデザイン]、[回答の収集]、[集計結果の分析]の各セクションにアクセスできるようにし、各ユーザーに適切なアクセス権を設定することができます。ライブラリーを使用して、画像やアンケートテンプレートなどのブランド資産を安全に保管し、チームの全員と共有することもできます。

会社のデータ所有権を維持する

SurveyMonkeyの利用者が組織内に複数いる場合は、チームを作成し、誰かが会社を辞めても、組織が従業員アカウントのデータを所有し続けることができるようにします。

HIPAAのセキュリティに関するヒントに従う

HIIPAA(個人情報保護法)対応アカウントの対象事業者は、HIPAAのセキュリティに関するヒントを見直して、PHIデータを確実に安全に扱うようにしてください。