記事

包括的な言語の使用

アンケートを作成して質問を作成した後は、質問が包括的なものであり、マイノリティーの個人の経験に注意を払って作成されていることを確認する必要があります。包括的な言語を書く際に人々が遭遇する主な考慮事項と一般的な落とし穴について、以下にいくつかの提案を示しています。

主な考慮事項

人を中心とした言葉を使う

言語に関する特定のルールよりも人々を大切にすることが重要です。アイデンティティーの一部だけを使って誰かに言及することは非人道的であるため、人の特定の側面ではなく、常にその人に焦点を当てる必要があります。最終的に、私たちの言語は、礼儀正しく、思いやりがあり、個人が表すアイデンティティーによって情報を与えられるように使用されるべきです。疑問がある場合は、個人またはコミュニティに関する説明の前に「人」/「人たち」という単語を入れてください。

ご使用の言語の文脈を考慮する

伝えられる内容に必須でない限り、人種、肌の色、出身国、性別、障害、年齢、性的指向、宗教的または精神的な所属などの特性に基づいて人を特定することは避けてください。

調査を行う

人々が自己識別するために使用する用語の変化により、包括的な言語は定期的に変化します。マイノリティーの人々やコミュニティを指すときに使用する適切な言語を定期的に調査することは、他者について礼儀正しく、包括的な方法で話すのに役立ちます。

性別のアイデンティティー

性別による質問を作成する場合は、関連性があるかどうかも検討する必要があります。性別が関連する場合は、読者の代名詞がわからない場合を除き、可能な限り性別中立の用語を使用するのが理想的です。さらに、外見に基づいて個人の性別を推測することは絶対にしないでください。

✅推奨:さまざまな性別オプションを提供します。
✅推奨:可能な限り、性別の観点から中立な言語と表記法を使用します。
❌非推奨:人について、認識した性別に基づいて言及しないでください。

性的指向

性的指向に基づいて質問する場合は、すべての関係の状態や指向を含めることが重要です。また、その性別がコンテンツに関係するかどうかを考えることも重要です。一部の個人は、言語の背後にある意味に抗議する手段として、中傷的であった、または中傷的である用語を使用して自己を特定することがあります。これらの用語は、自己特定にのみ使用すべきものであり、対象となるコミュニティに属していない場合は使用しないでください。

✅推奨:すべての関係の状態を含めます。
✅推奨:オープンな質問を使用して、ユーザーが自分の性的指向を説明できるようにします。
❌非推奨:性的指向を「性的嗜好」と呼ばないでください。
❌非推奨:「同性愛者」など、コミュニティのメンバーにのみ自称が許容されるような用語は使用しないでください。

人種、民族、国籍

人種、民族、国籍について質問する場合は、個人やコミュニティをその人たちに好まれる用語で参照することが重要です。文脈で必須かつ適切な場合を除いて、人種、肌の色、出身国などに基づいて人を指すことは避けてください。また、肌の色や文化的背景、人種に基づいて人を一般化したり、定型化したりするのを避けることは特に重要です。

✅推奨:コミュニティまたは個人に受け入れられている適切な用語を使用します。
❌非推奨:「ブラックリスト」や「スレーブ」など、意味合いがネガティブな言葉は使用しないでください。
❌非推奨:外見に基づいて、その人の国籍や背景について推測しないでください。