記事

回答者をアンケート対象外にする

特定の回答選択肢を選択した回答者をアンケートの対象外にすることができます。これにより、アンケート対象に該当しない回答者やアンケートの条件に同意しない回答者をアンケートから外すことができます。

対象外ロジックの追加

質問スキップロジックを使用すると、選択した回答に基づいて回答者を別の場所に誘導することができます。特定の選択肢を選択した回答だけにアンケートを続行させたり、逆にアンケートの対象外とみなしてアンケートの外に誘導したりすることができます。

回答者を対象外にするには、次の手順で操作します。

  1. 複数選択肢の質問(選択できる回答は1つだけ)をアンケートに追加する。
  2. 回答者を対象外とする回答の選択肢に質問スキップロジックを設定する。
  3. 対象外ページにスキップするように設定する。
  4. *各*コレクターのコレクターオプションにて、対象外のオプションを選択する。(後述の説明を参照)。

対象外オプションの選択

アンケートにスキップロジックを設定すると、回答者を「対象外であることを示すページ」へスキップすることができます。

コレクターの対象外オプションを編集するには、次の手順で操作します。

  1. アンケートの[回答の収集]ページを開きます。
  2. コレクター名をクリックして、コレクターオプションを開きます。 高度なオプションを表示するをクリックする必要がある場合もあります。
  3. [カスタム対象外メッセージ]をクリックする。
  4. 回答者にカスタム対象外メッセージを表示するか、選択したURLに回答者を移動させるか、標準の対象外メッセージ(有効にした[アンケート終了ページ]設定)を表示するかを選択する。

対象外のオプションは、1つのコレクターにつき1つしか選択できません。回答者を対象から外すことになる回答選択肢がアンケートの中に複数ある場合、どの選択肢で回答者が対象外になっても、同じ対象外オプションが表示されます。

カスタム対象外メッセージには最大500文字まで使用できます。

対象外となった回答者の表示

対象外となった回答者は「集計結果の分析」セクションで確認できます。

回答者の個別回答を開くと、[対象外]と表示されています。

対象外となった回答者だけを表示したい場合は、回答状況によるフィルターにて対象外の回答を選択します。

回答者識別用の質問の例

  • 例1:Netflixの会員を探している
  • 例2:過去3ヶ月間にウォルマートで買い物したことがある人を探している

ヒント!対象となる質問をする方法についてより深く理解するために、アンケート例を試してみてください。