m

クレジットカードによるお支払い

移動先...

カードの種類

以下の主要クレジットカードおよび通貨を受け付けています:

カードの種類ご利用可能な通貨
MasterCard対応しているすべての通貨
Visa対応しているすべての通貨
American Express米ドル (USD)、ユーロ (EUR)、豪ドル (AUD)、カナダドル (CAD)、英ポンド (GPB)、メキシコペソ (MXN)、ブラジル レアル (BRL) など多数(インドルピー (INR) は不可)
JCB豪ドル、日本円、台湾ドル
Discover、Diners Club米ドル (USD)
Visa Deltaポンド (GBP)
Carte Bleueユーロ (EUR)
CartaSiユーロ (EUR)
Eloブラジル レアル (BRL)

クレジットカードによる支払い

完了しなかった支払い

クレジットカードでのお支払いの処理に問題が発生した場合は、お支払いが完了しなかった旨のエラーメッセージがユーザーに届きます。その場合は、クレジットカードの情報を再度ご確認の上、もう一度お試しください。

クレジットカード情報と請求先住所を再入力する

ほとんどの場合、入力ミスや古い有効期限などの単純なことが問題の原因となっています。カード番号にスペースやハイフンを入れないでください。さらに、入力した請求先住所と郵便番号が、クレジットカードの請求先住所と郵便番号に一致することを確認してください。

カードのセキュリティコード (CVV2 または CID) を確認する

これは通常、カード裏面の署名欄の隣にある 3 桁のコードです。American Express の場合、カードの右側にあるカード番号の上の 4 桁のコードです。

クッキーを削除する、または別のブラウザを使う

氏名や住所がブラウザに保存されている場合、古い情報が自動入力されている可能性があります。

カードの発行会社に連絡する

クレジットカードの情報が正しいにもかかわらず支払い処理が完了しない場合は、そのカードの発行会社によって支払いがブロックされている可能性があります。カードを発行している銀行は、カードが初めて使用される場合は特に、オンラインでの購入に対して多くのセキュリティ対策を実施しています。

ブラウザで請求先情報を編集しようとすると、空白のページが開いてしまう場合は、ブラウザのセキュリティ設定をご確認ください。セキュリティ設定が厳しいと、ウィンドウが正しく開かないことがあります。セキュリティ設定を一時的に緩和するか、別のブラウザをお試しください。

事前承認・仮請求

事前予備請求とは、お使いのクレジットカードまたは銀行明細書に仮チャージとして表示されることがある一時的な資金保留のことです。オンライン小売業者の間では、全額を請求する前にカードが有効であることを確かめる方法として一般に使用されているテスト取引です。事前予備請求が銀行またはクレジットカード会社によって拒否されると、全額請求は取り消され、購入手続きは処理されません。

SurveyMonkeyアカウントに含まれているクレジットカード詳細または請求連絡先情報を更新する場合、このように事前予備請求を行い、新しい詳細が有効であることを確認することがあります。これは一時的な認証による請求は恒久的なものでなく、数日以内(銀行により異なるが、通常は7営業日以内)にカードから自動的に削除され、アカウントに資金が戻されます。払い戻しの欄に「無効」と表示されているか、事前予備請求は(実際のチャージではなかったため)アカウントから削除されている場合があります。

国際取引手数料

カードの発行会社や銀行によっては、お支払い金額に為替手数料や海外送金手数料が上乗せされることがあります。最終金額が想定より多い場合は、カード会社または銀行に適用された為替レートと手数料についてお問い合わせください。これらは SurveyMonkey の管轄外となります。

期限切れまたは古くなったカードに課金

カードが更新されていても、SurveyMonkeyアカウント内のカード情報が古い場合は、新しいカードに請求が記載されていることがあります。

支払がカードの発行会社に送信されると、当社の決済センターはSurveyMonkeyアカウントに保管されているカード詳細を使用します。この情報が古くなっている場合、カードの発行会社は2つの方法をとることができます。この情報を使って請求を承認して新しいカードの明細に記載するか、請求を却下することができます。カードの発行会社が請求を承認して新しいカードの明細に記載しても、当社側に表示されるのは古くなったカード詳細です。

このようなことは、お客様が新しいカードを受け取ったときに比較的よく起こることです。実際に、カードの発行会社が古くなったカードへの請求をしばらく承認し続けるケースはよくあります。これは、SurveyMonkeyなどの有料購読プランが停止されて、お客様に迷惑が掛からないよう配慮しているためです。

クレジットカードによるお支払いに問題が生じている場合は、この記事をお読みください。

回答を得る