m

質問と回答のパイピング

有料機能:質問と回答のパイピング機能を利用できるのは、一部の有料プランに限られます。ご自分のプランでご利用できるかどうか確認してください。

質問と回答のパイピング機能を使えば、回答者の回答を後出のページの質問に挿入(パイピング)することができます。

質問と回答のパイピング機能は、高度なパイピングに関連しています。これは、より高度な機能を発揮し、前の質問への回答のほか、カスタム変数連絡先からのカスタムデータをアンケートに挿入することができます。

たとえば、質問と回答のパイピング機能を使って、アンケートを設定する方法を以下に示します。

ページ1、Q1:単一のテキストボックス

現在お住まいの都市を教えてください。

ページ2、Q2:マトリックス / 評価スケール

{{ Q1 }}の以下の点について、あなたの満足度を教えてください。

交通機関
安全性
教育
住宅費

回答者がQ1に対して「ニューヨーク」と入力すると、それ以降の質問では「ニューヨーク」が{{ Q1 }}に代入されます。その特定の回答者に対し、Q2では「ニューヨークの以下の点について、あなたの満足度を教えてください。」という質問が表示されます。"

パイピングの追加

パイピングを追加するには、送り手側の質問および後のページで1つ以上の受け側の質問が1つ以上必要です。送り手側の質問とは、アンケートの後のページで受け側の質問に挿入する回答を含んだ質問のことです。

パイピング機能は、回答者が次のページへ移動するために[次へ]をクリックすると動作するため、受け側の質問とそれを受ける送り側の質問を同じページに置くことはできません。

パイピングは、アンケートの作成が完了した後に追加してください。質問の追加によって元の質問番号が変わってしまった場合、パイピングは自動更新されません。
送り手側の質問タイプ

元となる質問のタイプが以下の場合、回答をパイピングすることができます。

  • 複数選択肢(回答は1つのみ)
  • ドロップダウン
  • コメントボックス
  • 単一のテキストボックス
受け側の質問のタイプ

受け側の質問のタイプが以下の場合、回答をパイピングすることができます。

  • 複数選択形式
  • ドロップダウン
  • 画像の選択肢
  • ネットプロモータースコア
  • マトリックス / 評価スケール
  • 単一のテキストボックス
  • 複数のテキストボックス
  • ランク付け
  • コメントボックス
  • 日付/時間
  • テキスト
  • テキスト A/B テスト
  • 画像 A/B テスト

若干の例外がありますが、受け側の質問タイプが以下の場合でも回答をパイピングすることができます。

  • マトリックス形式のドロップダウンメニュー行ラベルおよび列ラベルにはパイピングできますが、回答選択肢(ドロップダウンメニューに表示される選択肢)にはパイピングできません。

「その他」の回答選択肢のラベルにもパイピングできます。

回答をパイピングするには、次の手順で操作します。

  1. アンケートの作成セクションで、受け側の質問(パイピングされたテキストでカスタマイズする質問)をクリックします。これは、送り手側の質問の後にくるページの質問でなければなりません。
  2. 質問のテキストまたは回答選択肢フィールドをクリックし、そのフィールドに前の回答をパイピングするか、パイピングされたテキストを挿入する位置にカーソルを置いたままにします。
  3. 以下からテキストを挿入...をクリックします。回答をパイピングできる送り手側の質問がある場合は、メニューに表示されます。
  4. パイピングする送り手側の質問を選択します。中かっこ内に絶対質問番号が挿入されます。例:{{ Q2 }}

回答者がアンケートに回答すると、括弧の部分がその回答に置き換わります。

パイピングエラー

ページのランダム化が送り手側の質問を含んだページ、または受け側の質問を含んだページに適用されている場合、質問と回答のパイピング機能はサポートされていません。

エラーが発生したためにパイピングを使って質問を保存できない場合は、対象ページからページのランダム化を解除するか、パイピングを質問から削除します。

アンケート動作

アンケートを配信する前にプレビューをして、回答者の画面にアンケートがどのように表示されるかを確認しましょう。

回答者がパイピングの元となる質問に回答しなかった場合、括弧の部分は表示されず、空白になります。文章が未完全な形にならないようにするには、元となる質問を回答必須に設定します

質問と回答のパイピング機能を使えば、回答者の回答を後出の質問に挿入することができます。

回答を得る