m

シングルサインオン(SSO)

エンタープライズチームに対してシングルサインオン(SSO)を有効にしたい場合は、セールスまでご連絡ください。

シングルサインオン(SSO)を有効にすると、チーム内のユーザーは、会社のログイン情報を使ってSurveyMonkeyにログインできるようになり、SurveyMonkey用に個々のユーザー名とパスワードを管理する必要がなくなります。SSOにより、会社全体でSurveyMonkeyへのアクセスを制御し、セキュリティを高めるための認証ポリシーを定義することができます。

SurveyMonkeyは、SAML 2.0を通じてSSOをサポートしています。SAML 2.0は、XMLベースのオープン標準データ形式で、次の2つの間で認証および認証データを交換します。

  • IDプロバイダー(IdP):お客様の会社がすでに使用している認証メカニズム。たとえば、Shibboleth、Ping、PingOne、OneLogin、Oktaなどがあります。
  • サービスプロバイダー(SP):SurveyMonkeyのこと。

SSOでのログイン

チームログインURL

お客様の組織に、専用のログインURLが提供されます。組織内の全ユーザーがこのURLを使ってSurveyMonkeyにログインできます。URLは、SurveyMonkeyのお客様用のIdP認証ページにリダイレクトします。URLを会社のイントラネットに掲載するか、チーム内のユーザーにページをブックマークするよう依頼し、リンクに常にアクセスできる状態にします。

通常のSurveyMonkeyログインページを開くと、オレンジ色のバナーが、SSOを通じてログインするよう注意を喚起します。

ログインプロセスは、チーム内での役割によって異なります。

チーム内の既存のユーザー

チームの既存のメンバーがログインURLを使ってログインした場合、直ちにマイアンケートページが表示されます。

新規ユーザー

まだチームに参加していないユーザーがログインリンクをクリックした場合、登録ページが表示され、チームに参加することができます。チームのメンバーとして新しいアカウントを作成するか、すでに持っているSurveyMonkeyアカウントをチームのメンバーとしてのアカウントに変換することができます。

代表管理者

代表管理者は、普通のSurveyMonkeyログインページを通じてログインしなければなりません。

モバイルアプリ

SSOを使ってSurveyMonkeyアプリにログインするには:

  1. ログインページで[ログインできなくてお困りですか?]をタップします。
  2. [シングルサインオン]を選択します。
  3. SSOに使用するメールアドレスを入力します。
  4. [続行]をタップします。SurveyMonkeyが、お客様のメールアドレスがSSOを有効にしているアカウントのものであるかどうかを確認します。
  5. 会社のログイン情報を使ってログインします。

ログイン情報の管理

組織でSSOをセットアップしてある場合、代表管理者以外のユーザーは、すべて自分のネットワーク内でログイン情報を管理する必要があります。

次のいずれかの作業が必要になった場合は、IT部門またはネットワーク管理者に連絡してください。

  • パスワードのリセット
  • ユーザー名の変更
  • メールアドレスの変更

アカウントの再割り当てまたは削除

SSOが有効になっているグループでアカウントを再割り当てまたは削除するには:

  1. 代表管理者は、まず、そのユーザーによるSurveyMonkeyへのアクセスをブロックするために内部システムを更新しなければなりません。
  2. SurveyMonkeyで、アカウントの再割り当てまたは削除を行う手順に従います。

回答者の認証

エンタープライズチームに対してSSOを有効にすると、アクセス可能なコレクターオプションの種類が増え、より安全な内部アンケートの送信や、SSOメタデータを使った回答者の追跡が可能になります。

回答者にSSOを使ったログインを要求する

どのWebリンクコレクターでも、[回答者の認証]コレクターオプションを有効にすることができます。このオプションを有効にすると、アンケートにアクセスしたい回答者は、SSOを通じてログインしなければなりません。アンケートリンクを開いた人は、SSOを通じてのログインを求められ、ログインして初めてアンケートにリダイレクトされます。

回答者の認証をオンにするには:

  1. アンケートの[回答の収集]ページを開きます。
  2. コレクター名をクリックします。
  3. [回答者の認証]をクリックします。
  4. [オン]を選択すると、アンケートに回答したい回答者に対し、認証が求められます。

SSOメタデータを使って回答者を追跡する

[回答者の認証]コレクターオプションがオンになっていると、SSOプロファイル情報(氏名、メールアドレス)をアンケートの回答に添付して回答者を追跡することも可能です。

SSOを使って回答を追跡するには:

  1. [回答者の認証]コレクターオプションをオンにします。
  2. [匿名回答]をクリックします。この設定は、[高度なオプションを表示]をクリックしないと表示されない場合があります。
  3. [オフ]を選択し、SSOプロファイルを含めます。
 
氏名の書式設定要件

回答者の氏名は、お使いのIdPアプリケーション固有の書式に従っていないと、アンケート結果へと正常に渡されないので注意が必要です。

システムによって文字列は自動的に小文字にされ、アンダースコアは削除されます。このような変更が加えられた後の文字列が、次のような書式でなければなりません。

firstname
lastname

例:

  • LastNameおよびLast_nameは、lastnameに変更されます。これは有効です。
  • Last nameは、last nameに変更されますが、これは有効ではありません。
シングルサインオン(SSO)により、グループに属するユーザーは、会社のログイン情報を使ってSurveyMonkeyにログインできるようになります。グループに対してSSOを有効にしたい場合は、セールスまでご連絡ください。

回答を得る