アクセシブルなアンケートを作成する

SurveyMonkeyを使って第508条に準拠したアクセシブルなアンケートを作成できます。詳細については、次のリンクでご確認ください。リハビリテーション法第508条準拠とアクセシビリティ標準

アクセシブルなアンケートとは、様々な障がいのある人達でも回答できるようにデザインされたアンケートです。

  • アクセシブルなアンケートでは、回答者が拡大表示を使ってアンケートに回答できるようにします。
  • アクセシブルなアンケートには、音声合成(TTS)システムを伴うスクリーンリーダーを使って回答者がアンケートに順に回答できるよう、必要なテキストが含まれています。
  • アクセシブルなアンケートには、音声コマンドとコントロールソフトウェアを使って回答できます。アクセシブルなアンケートに回答するには、マウスもキーボードも不要です。

ベストプラクティス

アンケートを法規制に準拠したものとするため、これらのベストプラクティスを実行してください。

点滅する画像を入れない

アンケートにアニメートしたコンテンツを入れる場合、タイムリフレッシュ要件を満たすことを確認する必要があります。

ロゴや画像には代替テキストを入れる

アンケートの中で特定の意味を持つ画像を使うときは、その情報を伝える 代替テキストを追加しなくてはなりません。第508条では、テキスト以外の要素に関してはすべて、それに代わるテキストを提供することが義務付けられます。そうすることで、スクリーンリーダーを使ってアンケートに回答する回答者も画像の情報にアクセスできるようになります。スクリーンリーダーは画像を読み取れないため、それに代わる代替テキストを読み上げます。

標準的なテーマを使う

すべてのユーザーにとって読みやすいデザインとするため、当社のアンケートでは、色覚異常の方でも問題なく読める標準的なテーマ内の、適切な量の色のコントラストと明度を使用しています。

カスタムテーマを使用する場合は、Tanaguru コントラストファインダーなどのツールを使って、ご使用の色の組み合わせがコントラスト比率に準拠していることを確認してください。

テキストフィールドを行ラベルの近くに配置する

行のラベルが実際の入力フィールドから離れた位置にあると、視覚障がいの回答者が使う拡大表示に問題が生じる可能性があります。複数テキストボックスや連絡先情報、マトリックス / 評価スケールを使う質問の場合は、ラベルと回答の選択肢が離れた位置にならないよう、質問のレイアウトを調整してください。

必須の質問は明確に示す

アンケートに必須の質問がある場合は、その隣にアスタリスクが表示されるようにしてください。アンケートの導入部で、アスタリスク付きの質問は回答が必須であることを説明します。

エラーメッセージを明確に

質問に対して無効な回答が入力された場合や必須の質問が飛ばされた場合はエラーメッセージが表示されます。質問を作成する際、回答者にそれが回答必須であることを明確にするため、このエラーメッセージをカスタマイズできます。このエラーメッセージは質問文の前に表示されるため、 スクリーンリーダーではこのエラーメッセージが先に読み上げられるので注意してください。

ナビゲーションボタンを明確に

スクリーンリーダーが正しく読み上げることができるよう、ナビゲーションボタンを明確にラベル付けしてください。「<<」や「>>」などのラベルに対し、「前へ」、「次へ」、「完了」などのラベルはスクリーンリーダーでも簡単に判読できます。

アクセシブルなアンケートとは、様々な障がいのある人達でも回答できるようにデザインされたアンケートです。アンケートを法規制に準拠したものとするため、これらのベストプラクティスを実行してください。

回答を得る